• 0982-40-3763
  • nobeoka@miraie.club

みらぶろ

模試について

令和の始まりですね。これからもよろしくお願いします。

模試の目的とは、
・自分の立ち位置を把握すること
・自分の弱点を明確にすること
・出来ない問題に触れること
・試験に慣れること

模試の結果は、判定より素点に注目しましょう。
高校3年生の場合は、前年の再受験者が夏ごろまで圧倒的に有利になります。現役生は未履修範囲が多いので、出題が既習範囲か未履修範囲か、既習範囲で何点取れているか、取れたのに落とした問題があるかなど、冷静に細かく分析しましょう。
判定に一喜一憂せず、受けっぱなしにならないよう、有効活用してください。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。
無料体験、お待ちしています。
お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。
インターネットからのお問い合わせはこちらから
無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

Society5.0時代

今日は平成最後の日ですね。
昨日は「来年の事を言えば鬼が笑う」でしたが、今回は“未来”について考えてみたいと思います。“未来”というとずいぶん先のような響きですが、すぐ目の前か、すでに始まっているかもしれません。

高校普通科見直し」で書きましたが、文科省が何故このような諮問をするのかを調べてみました。
そこで出てきたのが、『Society5.0に向けた人材育成』です。
まず、『Society5.0』をご存知でしょうか。(熟知されている方は読み飛ばしてくださいね。)

内閣府のホームページによると、Society5.0(ソサエティ5.0)とは、

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)。
狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもの。

とされています。

この中で、工業社会(Society 3.0)までとの違いはわかるけれど、情報社会(Society 4.0)とは何が違うのでしょうか。

Society 4.0までの社会は、「人」が自らサイバー空間に存在するデータベースにアクセスして情報を得る必要がありました。「人」が行う能力には限界があり、あふれる情報から必要な情報を見つけて分析する作業が負担であったり、労働や行動範囲、少子高齢化、地方の過疎化など様々な制約があり、十分に対応できていませんでした。

それに対し、Society 5.0で実現する社会は、情報(ビッグデータ)を、IoT(Internet of Things)で収集し、人工知能(AI)により必要な情報が必要な時に提供され、ロボット等が処理、実行するまでを自動で行うようになり、生産性が爆発的に向上します。
「超スマート社会」とも言われるSociety 5.0の到来で、私たちの生活は劇的に便利で快適なものになっていくと想像されます。
詳しくはこちらをご覧ください。

便利で快適になって、いいことばかりのような感じもしますが、この変革と「高校普通科見直し」などの”学び”がどう繋がるのか、少しずつお伝えしていけたらと思います。
(ちょっと大変そうだけど、必要なことだと思うので頑張ります。お付き合い、よろしくお願いします。)

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。
無料体験、お待ちしています。
お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。
インターネットからのお問い合わせはこちらから
無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

昭和の日

今日は昭和の日ですね。

内閣府のホームページによると、昭和の日とは、
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」とありました。

「明治の日」や「大正の日」は無いけれど、来年から「昭和の日」はどうなるんでしょうね。「平成の日」が出来る?

“来年”と入力していたら、『来年の事を言えば鬼が笑う』と変換されました。
意味は、「将来のことなど予測できるわけがないのだから、あれこれ言ってみてもはじまらないというたとえ」、だそうです。

おっしゃる通り。
来年の事を心配するより、今日できることを精一杯やれと。
頑張りましょう。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。
無料体験、お待ちしています。
お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。
インターネットからのお問い合わせはこちらから
無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

日の出

私用で昨日今日と、朝5時起きでした。多分、明日も(泣)。

今の季節、朝5時はもうすっかり明るいですね。
延岡市の今朝の日の出時刻は、5時29分46秒。
朝課外のある高校生も、真冬に比べると少し楽になったかなと思います。

暖かくなったと油断していると、「さむっ」となる朝もあるので、体調管理に気を付けてくださいね。

明日からまた一週間、頑張りましょう。
今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

(n)

読書

好きな作家さんはいますか?
私は向田邦子さんが好きです。
もう何回読んだかわからないけど、今また『眠る盃』を読んでいます。
ユーモアもあるし、こういうのを小気味好いというのか、潔さみたいなものを感じます。
その中で、いいなぁと思う言葉を見つけたので、書き留めておきます。

「威あって猛からず」
(向田さんがルーブル美術館を訪れた時の場面に出てきます。)

昔友人が、キャンプに本を持って行って静かなところで読むんだ、と話してくれたことがありました。焚火をしながら本を読む、そんなキャンプもいいなと思いました。

「威ありて猛からず」
(イアリテタケカラズ)威厳があって、しかも内に温かみがあるので荒々しくない。君子の理想的な人柄をいう。(出典:小学館)

どなたかの祝辞もこんな感じで伝えていただけたら、もっと良かったのになぁと思いました。すみません。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

(n)

連休中は、いつも通りです。

明日から世の中は10連休に入りますね。

個別学習塾miraieは、通常通り月~金曜日は開いているので、是非この機会に無料体験にお越しください。お待ちしています。

連休中ゆっくりしすぎて、連休明けに、

猫ヤバイ

にならないよう、注意してください。

今週も読んでいただいて、ありがとうございました。

無料体験、お待ちしています。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

高校普通科見直し

4月18日の毎日新聞に次のような記事が載っていました。

柴山昌彦文部科学相は17日、少子化や人工知能(AI)の進展など社会の変化に対応した小中高校の教育のあり方を総合的に検討するよう中央教育審議会に諮問した。文科省は2020年末に中教審の答申を受け、関連法令を整備して制度化する見通し。

高校生の7割が在籍する普通科は、生徒の多様な能力や興味・関心に柔軟に対応できるように類型化する方法を模索する。また、高校2年以降、理系科目を学ばない生徒が多いことから、バランスの取れたカリキュラムや文系・理系の枠を超えた教育の推進も検討する。(所々略しています。)

これからもいろいろ変わっていきそうですね。

現状は、文系か理系か、選択科目はどうするかなど迷いますよね。

その時その時、自分でしっかり考えて選んだ道を一生懸命生きていれば、無駄になることは何もないと思います。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。
無料体験、お待ちしています。
お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。
インターネットからのお問い合わせはこちらから
無料体験授業をご希望の方はこちらから

100点満点

コーチングの勉強をしています。

その中で「100点満点の解決は作れない」という話。

例えば、病的なことかなにかで、どうしても100kgのダイエットをしなければいけないとしたとき、今日一日で100kg減らすことは、絶対無理‼

確かに、そうですね。

でも、今日何かをやって、100gでも1kgでも減らせる方法はある。その方法を考える。

現状を理解して、目的を理解して、今日できることをやってみる。仮説検証を繰り返していく。

それだけのこと、だけど、それしかない、のかなと思います。

勉強を始めたばかりなので、解釈がずれていたらすみません。(言い訳です。)

巧詐不如拙誠』(コウサハセッセイニシカズ)

意味: 巧みにいつわりごまかすのは、つたなくても誠意があるのには及ばない。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

無料体験、お待ちしています。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

英多読IBT申し込み受け付け中

「みんなの速読英語 英多読IBT」受験の申し込みを受け付け中です。

英多読IBTは様々な種類の英文を、いかに速く正確に読むことができるのかに特化したwebテストです。

検定内容は、問題数は30問(1問1答形式)で、制限時間は30分です。合格・不合格はありません。

試験期間は5月15日~6月15日になります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

無料体験、お待ちしています。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

プロ棋士

史上最年少で囲碁のプロ棋士になった仲邑菫(なかむらすみれ)初段(10歳)の公式戦初対局が、22日行われました。

相手は同じく4月にプロ入りしたばかりの大森らん初段(16歳)。

「スミレとランの花の同期対決」

結果は、仲邑初段、初黒星を喫したそうです。負けちゃった。

それにしても、仲邑初段、かわいいですね~。

目がくりくりっとしてて、菫という名前もかわいい。いすに座ると足が床に届かないので、踏み台が用意されていたとか。でもキリッと結んだ口元に、意思の強さを感じます。

これからどんどん強くなって、世界で活躍してほしいですね。

塾にも囲碁の本が少し置いてあります。興味がある方はぜひ手に取ってみてください。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

無料体験、お待ちしています。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)