忠言耳に逆らう

個別学習塾miraieです。

「忠言耳に逆らう」は、「忠言逆耳」という四字熟語の形でも用いられることわざで、他人の忠告というものは素直に聞くことが難しいものだが役に立つという意味合いがあります。
単なる悪口や中傷の場合ではなく、相手の言っていることが正論で反論できないときに使われます。

自分の欠点や弱点を指摘されるのは不愉快なことで、素直に聞き入れるのは難しいです。
できれば耳に心地よい、甘い言葉だけを聞いていたいものです。
しかし、耳の痛い忠告は反省や改善のきっかけとなります。
苦痛から逃げずに向かい合い、自らの糧とすることが出来れば、大きく成長できます。

勉強に置き換えてみると、苦手な暗記、苦手な分野など、ついつい避けたくなってしまいます。
けれど、模試や過去問練習で解けなかった問題は、「君の弱点はここだよ」と教えてくれます。その問題としっかり向き合い、克服することができれば、合格に近づきます。
頑張りましょう。

無料体験授業をご希望の方はこちらから
お電話でのご相談は 0982−40−3763。
インターネットからのお問い合わせはこちらから

みらぶろの最新記事4件