• 0982-40-3763
  • nobeoka@miraie.club

桜桃忌

桜桃忌

6月19日。太宰治の忌日です。

1948年6月13日、太宰は愛人山崎富栄とともに玉川上水(東京都三鷹市付近)に入水自殺した。没年38歳。だが、遺体が上がったのは6日後の6月19日。
くしくもこの日は、太宰の誕生日でもあったことから、太宰を偲ぶ日となった。「桜桃忌」の名付け親は、同郷で太宰と親交の深かった直木賞作家今官一である。太宰晩年の短編小説「桜桃」の名にちなんで命名した。
毎年この日、太宰の墓があり、法要が営まれる三鷹市禅林寺には、全国から多くのファンが集う。
俳句の「夏」の季語にもなっている。
(コトバンクHPより)

昨夜のプレバト俳句査定で、紫陽花のことを四葩(よひら)ということを知りました。「桜桃忌」や「四葩」など、季語になっている言葉は綺麗ですね。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。
無料体験、お待ちしています。
お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。
インターネットからのお問い合わせはこちらから
無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

blogger