• 0982-40-3763
  • nobeoka@miraie.club

苦境にあっても 天を恨まず

苦境にあっても 天を恨まず

東日本大震災から8年。

震災から10日後、宮城県気仙沼市立階上中学校で行われた卒業式で、

涙をこらえ、必死に答辞を読む中学生の姿を思い出す度、

改めて、あの日を忘れないでいることの大切さを考えます。

答辞の一部を掲載させていただきます。

…自然の猛威の前には 人間の力はあまりにも無力で

私たちから大切なものを 容赦なく奪っていきました

天が与えた試練というには むごすぎるものでした

つらくて 悔しくてたまりません

時計の針は 14時46分を指したままです

でも 時は確実に流れています

生かされた者として 顔を上げ 常に思いやりの心を持ち

強く 正しく たくましく生きていかなければなりません

命の重さを知るには 大きすぎる代償でした

しかし 苦境にあっても 天を恨まず 運命に耐え

助け合って生きていくことが これからの私たちの使命です…

blogger