• 0982-40-3763
  • nobeoka@miraie.club

Author Archive blogger

多聴・速聴

「みんなの速読英語」にリスニングコースが開設されました。

皆さんは英語のリスニング、得意ですか? そもそも日本人が英語を聞き取れない理由として、次の2つが挙げられます。

ひとつは、英語の言語中枢を持っていないことです。

大脳の中の言語中枢という箇所に、日本語を母国語とする私たちは、日本語の言語中枢を持っています。

しかし英語が苦手な人は、英語の言語中枢が出来上がっていないので、日本語の言語中枢に頼り日本語変換が入るため、処理速度が遅くなってしまいます。

処理能力を向上させるためには「英語を英語で考える」、英語の言語中枢を形成する必要があります。

もうひとつは、聞き取りやすい音が少ないということです。

英語は主に子音で構成されるという特徴がありますが、日本語は子音と母音の組み合わせが基本です。

日本人は母音を優先して聞く癖がついていて、子音を聞き取ることに耳が慣れていないのです。

これらのことを解決するには、多聴と速聴のトレーニングが有効です。

言語中枢の形成には「聴く」ことが最も重要です。「みんなの速読英語」には、やさしい内容から高校・大学入試過去問まで、全10コース、343単元があります。

そして、全文1倍、1.5倍、2倍速音声が収録されています。

英語の音声を高速で流すと、もともと少ない母音が聞き取りにくくなるため、子音を聞き取ろうと脳が活性化されます。

子音が聞き取れるようになると、英語自体が聞き取りやすくなります。音読(シャドーイング)やディクテーションを行うと、より効果的です。

「たくさん」、「速く」、聴いて、英語脳をつくりましょう。 無料体験、お待ちしております。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

岡富から山下へ

個別学習塾miraieは昨年10月から山下町に移転しましたが、その前はマックスバリュ岡富店の角にありました。

すごく狭くて、パソコンテーブルや自習机、それに本棚などでぎゅうぎゅうでした。そんな中、通ってくれた生徒の皆さん、ほんとうにありがとう。これからも勉強、頑張ってね。

今月いっぱいで看板も取り外されます。お世話になりました。

ありがとうございました。

速読英語にリスニングコースができました。詳しくは教室まで。

山下町の教室で、無料体験、お待ちしております

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

休塾のお知らせ

3月12日・13日は研修のため休塾です。

苦境にあっても 天を恨まず

東日本大震災から8年。

震災から10日後、宮城県気仙沼市立階上中学校で行われた卒業式で、

涙をこらえ、必死に答辞を読む中学生の姿を思い出す度、

改めて、あの日を忘れないでいることの大切さを考えます。

答辞の一部を掲載させていただきます。

…自然の猛威の前には 人間の力はあまりにも無力で

私たちから大切なものを 容赦なく奪っていきました

天が与えた試練というには むごすぎるものでした

つらくて 悔しくてたまりません

時計の針は 14時46分を指したままです

でも 時は確実に流れています

生かされた者として 顔を上げ 常に思いやりの心を持ち

強く 正しく たくましく生きていかなければなりません

命の重さを知るには 大きすぎる代償でした

しかし 苦境にあっても 天を恨まず 運命に耐え

助け合って生きていくことが これからの私たちの使命です…

掃除のすすめ

お勧めの本。

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」

佐々木典士著

詳しくは本を読んでいただきたいのですが、

…モノを自分に必要な最小限に減らす

「ミニマリスト」という生き方。

汚部屋からミニマリストへ。

モノを減らすと、なぜかぼくまで変わった。…

…スティーブ・ジョブズみたいな「私服の制服化」を目指したい。…

ミニマリストを知らなかった私には、まさに“目から鱗”の内容でした。

…行動を変えるためには、一度モノを最小限にすることが、ぼくにはぴったりだった。モノを自分に必要な最小限にまで減らしてようやく、ぼくの「行動」が変わり始めたのだ。

「幸せのお手本」をなぞれない自分にがっかりし、自分に足りないモノばかり見ていたぼくがミニマリストになったのは、今は必然だったと感じている…

なかなかミニマリストとまではいきませんが、家の中のモノを減らして、シンプルな生活を送れたら素敵だなと思います。自分にとって本当に必要なモノとは何か、精神論ではなく実際の生活空間を見つめなおしたら、何か変われるかもしれませんね。

春です。寒い年末より掃除が楽な季節。部屋の大掃除をしてみませんか。新天地で新しい生活を始める皆さんも、あれもこれもと一度に揃えるのではなく、必要最低限のモノからのスタートを切ってみてはいかがでしょうか。

また、本格的な受験勉強に突入する皆さんも、身のまわりをすっきりさせることで集中力が高まります。新年度を迎える前に部屋の大掃除をお勧めします。

無料体験、お待ちしております。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

勉強にPDCAを!

個別学習塾miraieです。

miraieでは勉強方法にPDCAサイクルを取り入れています。

P・Plan 学習計画 月次や週次で計画を立てます。

D・Do 実行 立てた計画を基に勉強していきます。

C・Check 評価 月次・週次の計画と実際の勉強実績を確認し評価していきます。

A・Action 改善 評価した内容を基に改善をしていきます。

このようにPDCAサイクルを回すことにより、生徒が確実に勉強が進んでいるか、理解しているかを把握しながら進んでいきます。

Planはできても中々Doができない、Doが中途半端など、生徒の理解度が低くなる要因を確認しながらmiraieでは勉強を進めています。

個別相談や無料体験も実施していますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(Bin.)

鉄人の映像授業

破竹の勢いで優勝を重ねているフィギュアスケートの紀平梨花選手。彼女の在籍している高校をご存知でしょうか?

N高等学校(学校法人角川ドワンゴ学園)です。

奥平校長のメッセージに、

「通信制高校を“つくる”」のではなく、「通信制高校の制度を“使う”」ことで、できることをたくさん提案したいと考えています。。。

とあります。

世の中は現在、本当にたくさんの“使えるもの”で溢れています。

学びの方法もたくさん存在しています。

それらの中から、何を選び、何を使っていくのか、選ぶのは学ぶ本人です。大切なことは、それを使って何をやりたいかということではないでしょうか。

N高校を選んだ紀平選手の勇気が、今の彼女の強さのひとつではないかと思います。

個別学習塾miraieでは鉄人の映像授業「学びエイドマスター」を導入しています。

例えば「高校英文法の基礎を徹底的に解説する講座」であれば、18時間弱で高校英文法の基礎を網羅的に学習できます。

映像授業なので、わかるまで何度でも繰り返し受講できます。

こちらでひと通りインプットを済ませ、参考書でアウトプットする方法や、参考書をやりながらわからないところだけ映像授業を受講する方法もあります。

全教科対応、受講し放題。あなたなりの使い方をぜひ見つけてください。

無料体験、お待ちしております。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

年齢を3で割った数字、それがあなたの人生における時間

年齢を3で割り、1日24時間に当てはめてみるというもの。

18歳÷3=6、朝6時になります。

これから太陽が昇り、一日が始まる時間ですね。

人生はこれからです。自分を大切にして、未来を切り拓いていってください。

未来は無限大です。応援しています。

卒業、おめでとう。

(ちなみに72歳を過ぎたら、2日目の始まりです。)

(n)

アウトプットの質と量

理解できているはずなのに模試で結果が出ない場合は、アウトプット不足が考えられます。たくさんの問題を解くことによって、自分の解けない箇所に気づき、自分に合った勉強法を身につけることができます。

アウトプットの重要性は受験に限ったことではありません。

『学びを結果に変える アウトプット大全』(精神科医 樺沢紫苑著)に、

・・・多くの人は、「インプット過剰/アウトプット不足」に陥っており、それこそが「勉強しているのに成長しない」最大の原因ともいえます。

インプットとアウトプットの黄金比は、3対7。インプット時間の2倍近くをアウトプットに費やすよう意識しましょう。・・・とあります。

トライ&エラーで自己成長を繰り返す。その時に大切なのは、うまくいったときも、そうでないときも、その「理由」を考えること。

個別学習塾miraieでは、志望校や学力にあった参考書をセレクトして、「やるべきこと」を一人ひとりに提示していきます。

花粉症の季節ですね。鼻づまりには「トビウオポーズ」がお勧めです。

無料体験、お待ちしております。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから

(n)

対策を考え続けること

「ネガティブになることに、なんの意味もないのだ。

不利があるなら、不足があるなら、

なにをすればいいのか、どんなに短い時間であっても、

対策を考え続けるしかないのだ。

ネガティブにとられかねない状況もあることと、

主体がネガティブになることとは、まったくちがう。」

これは糸井重里氏がほぼ日刊イトイ新聞の中で書かれた一文です。

手帳に書き留めて、ときどき読み返しています。

読む時はたいがいネガティブになっている時です。

でも「ネガティブになることになんの意味もない。対策を考え続けるしかない。」の文に救われます。

皆さんもつらい時、しんどい時に、自分が元気になれる言葉を見つけておくといいかもしれませんね。

無料体験、お待ちしております。

お電話でのご相談は 0982−40−3763 まで。

インターネットからのお問い合わせはこちらから

無料体験授業をご希望の方はこちらから